科学・技術

2011年10月17日 (月)

待たれていたレアメタルを使わない大容量電池、阪大・大阪市大で開発

 報道各社によると、リチウムイオン電池の原料に不可欠なレアメタル(希少金属)を使わず、大容量バッテリーを開発することに、 大阪大の森田靖准教授と大阪市立大の工位武治特任教授の研究グループが成功したとのこと。英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に17日、発表した。
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111017/t10013300682000.html
 
 期待していたニュース! 価格・軽さともに格段の進歩が期待されます。なにより中国にハイテク機器の生産の首根っこを押さえられていたものに突破口が見えたようで、たいへん目出度いです。地道に研究開発するものは強い。

 このニュースを検索していたら電池に関する注目のニュースを見つけた。今朝の日経新聞です。
 蓄電池性能、大幅に向上 実用化へ開発急ぐ
 トヨタ、連続1000キロ走行視野、 NEC 住宅用寿命20年  2011/10/17付 情報元:日本経済新聞 朝刊
http://www.nikkei.com/access/article/g=9695999693819595E3E7E2E29F8DE3E4E3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

 関係者は危機意識をもってずいぶん頑張っている、と勇気づけられました。政治は弱くても、一般国民はけっこうしっかりしている・・・。日本について悲観的な声ばかりが多いですが、どうもそうではないような気配を感じます。気をつけてフォローしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

世界初の小惑星微粒子確認

Cimg2287a_1 16日(火)の夕刊を飾ったこの記事。はやぶさの奇跡が実現して、さらにこの微粒子の採取までが現実となるとは。
  新しい技術・発見もすばらしいが、皆の気持ちを明るくし、こどもたちに夢と希望を与えた役割はとても大きいと思う。仕分けをする人たちは良く 考えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

はやぶさ<関連イベントが8/15(日)-19日(木) 東京・丸の内で>

はやぶさの快挙が大きな反響をよんでいます。

ちなみに東京・丸の内であるそうです(JAXA、6日発表)。(例の仕分けで問題になった所で!)
  http://www.jspec.jaxa.jp/hayabusa_event/

1.カプセルの展示
  8月15日(日)~19日(木)
  整理券は朝7:00から。
  真っ黒になったカプセルを見るなら、15日か16日しかないよう?

2.おかえりはやぶさトークイベント
  8/15(日)に東京・丸の内で
  開発に関わった研究者自らの話が聞けるというのがポイント! 
  ただし申込が殺到しそうです。
  トークイベントの申込方法は8/9公開、
  受付8/9 12:00-8/10 21:00。詳しくは
  http://www.jspec.jaxa.jp/hayabusa_event/

「はやぶさ」の情報
  http://hayabusa.jaxa.jp/  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

木原生物学研究所(その2) -行ってきました-

Cimg1435_1

Cimg1438_1 木原生物学研究所の一般公開に行ってきました。
 ここは工房から歩いて10分足らずのところで、散歩コースのひとつでもあります。 遺伝子や生命科学の研究という地味な分野ですが、小麦など食料の基本部分を扱っています。

 昨日のJAXAの派手さはありませんが、とつとつと説明する姿に感銘をうけました。
 木原均博士の記念室に初めてはいりました。昭和30年ころ、戦後間もない時代に、カラコルムを探査するという勇気と行動は並の人間にできることではないです。パイオニアです。
 イマ、たくさんの物に囲まれているのに不景気を、できないことを嘆くイマを博士はなんと言うでしょうか。
 若い研究者の皆さんに頑張って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

JAXA相模原キャンパス特別公開 (その2)  -行ってきました-

Cimg1370a 行ってきました。どこもかしこも行列でした。目的の「はやぶさ」のカプセル本体をはじめに見よう思いましたが、朝10時40分で3時間待ちとのこと。即断念して後まわしに。
 
Cimg1382_1 次に「はやぶさ」本体の模型。イオンエンジン4基が迫ってきた。故障しても回路を組み合わせてなんとか修復させて帰還にむすびついたもの。

Cimg1397_1 いま金星に向かって周回軌道にいる宇宙ヨットの「イカロス」。その帆にあたるフィルムに触れた。その精緻な構造とたたまれた状態から一辺が14mに広がる展開のメカニズムが眩しかった。帆の方向を宇宙で変える方法は感動的だ: 燃料噴射によらないで太陽光の圧力による姿勢制御を実現したことは世界初。帆の補強もおもしろい。
 金星探査機「あかつき」の、軽量で効率のよいセラミックエンジンも。

Cimg1409_1

 このような 展示も面白かったが、説明員の話はいままでの展示会よりずっと面白かった。質問も老若男女生き生きしていて、あちこひとだかりができていた。
 打ち上げ時のロケットの姿勢制御の進歩、なぜ斜めに打ち上げるのか(垂直でないのか)、一段ロケットの切り離しのメカニズムとタイミング、アメリカとの比較(実験の多さ)、中国・インドの躍進、事業仕分けなど・・・。

 説明員は30歳前後の若い人も、ベテランのひとも。来訪者の同じような質問にもいやな顔をせずに、丁寧に答えているのに感心、一様に目が輝いていて爽やかだ。
 ふだんはとても会話できない人と、身近に会話ができて痛快だった。若手だけでなく、これはとても大事なことだが、一級の先生も会場にかなりいられたようだ。JAXA全体で、来訪者と会話するという想い・勢いを感じた。JAXAの皆さんに拍手。

 来訪者にはこどもから老人まで、各世代に広がっていた。とくに小学生、中学生が目立った。2-3割くらいか。でもまだ少ない。もっと多いほうが良い。目先の利益ではなく、ずっと先をよく見るために。

 帰りがけ、「はやぶさ」の行列が50分に短縮とのことで、並んだ。
部屋の奥にある真っ黒いカプセル。これが「いとかわ」という星に着陸し、7年間・60億キロの人類最長の旅を終えて地球に戻ってきたもの。快挙。胸が熱くなった。

 とても疲れたはずだが駅までの20分間、なにやら爽快感につつまれて、足が軽かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

木原生物学研究所・・・舞岡の丘の上に

 地下鉄舞岡駅の北、丘の上に木原生物学研究所があります。小麦など、遺伝子や生命科学の世界的な研究をしているところです。ふだんは学者さんの世界ですが、一般公開が7月31日(土)に行なわれます。おでかけください。

 午前11時~午後4時30分【無料、入場自由】
      午前11時~午後3時   施設公開、模擬実験、展示等
      午後3時~午後4時30分  講演会「植物が見る光の世界」
              (講演会は、申し込み不要。当日先着150人)

 「今年で第16回目。例年300名前後の市民の方々が訪れ、生命科学分野の教育研究についての理解を深めていただく機会として、大好評の公開イベントです。」   (市大の記者発表資料より)

 故木原均博士が昭和17年、京都で立ち上げた研究所の手法を継承しているそうです。木原均博士は草創期のスキーの発展につくし、昭和30年にはカラコルムの学術探検隊の隊長をつとめました。その映画を見た人も多いとおもいます。

一日施設公開・講演会
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/press/100702.html
木原生物学研究所
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/kihara/index.html
沿革
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/kihara/kiharaenkaku.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

JAXA相模原キャンパス特別公開

Cimg1157_2_1 「はやぶさ」や金星探査機「あかつき」など新しい成果をつぎつぎと世に出しているJAXA。その中核の研究所である相模原キャンパスの一般公開が7月30日(金)と31日(土)の両日行なわれます。 

JAXA相模原キャンパス特別公開
 「宇宙のナゾを見つけに行こう!」
 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2010/0730_open/index.shtml 
 
 夏休み。こどもたちを連れて行ってください。夢や未来を育むひとときになるかもしれません。
 おとなも、いままでの世界を越えるきっかけになるかもしれません。

JAXA 宇宙航空研究開発機構
 http://www.jaxa.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

はやぶさに微粒子か?

Cimg1141a   はやぶさに微粒子か?
夢が広がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

「はやぶさ」が帰ってきた

 13日(日)の夜、はやぶさが無事帰還した。想像を絶する困難を乗り越えて7年ぶりに帰ってきた。嬉しい。感動した。
 とくにこの帰還の映像をみた子どもたちへの影響はいかばかりか。この子どもたちが夢をもち、いまから10年、20年後に・・・。こちらも期待が膨らむ。そういえば、いま宇宙関係や産業界で活躍している技術者の多くの人も、1970年にアポロの月面着陸の実況中継を見たという人が多いとか。

 この仕事/帰還には世界中が注目している。アメリカはNASAが特別チームを作り、NASAの観測機DC9に30人の技術者と機材を積んで、カリフォルニアからメルボルンに派遣した。その動画等々はNASAのホームページなどで即座に放映された。放送は米だけでなく英・独・仏・豪・・・・・などでかなり中身の濃い放送が即座に行なわれた。

 気になるのは日本のマスコミ。テレビなど平板なニュースかバライティー番組もどきばかり。まして生中継など無し。ちなみにNHKは生放送を「忘れても」、すぐに特別番組があるかと思っていたらそれもまだのよう。大丈夫だろうか。サッカーで頭がイッパイか。

 [・・・後継機はやぶさ2の予算は、自民党政権当時の2010年度予算案概算要求額が17億円だったが、鳩山政権発足後の見直しで5000万円となった。事業仕分けでは「コスト削減の努力をすべき」などと判定された結果、3000万円にまで削り込まれた。・・・(2010年6月16日03時14分  読売新聞より)]   アブナイアブナイ

 大人のしごとは、こどもに夢と機会を与えることで、これに尽きる。あとはむしろぼんやりしていた方が良い。

はやぶさ NASAの中継 (ニコニコ動画より)
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm11069246 

はやぶさの帰還に対する海外の反応 (ニコニコ動画より)
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm11072156 

NASA - NASA Astronomers to Observe Hayabusa Homecoming
  http://www.nasa.gov/centers/ames/news/releases/2010/10-48AR.html

NASA Hayabusa の検索結果
  http://search.nasa.gov/search/search.jsp?nasaInclude=Hayabusa

はやぶさの再突入 (NASA撮影 ) 
  http://www.nasa.gov/centers/ames/multimedia/images/2010/iotw/hayabusa.html 

NASA
  http://www.nasa.gov/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

「はやぶさ」が帰ってくる

Cimg1053_1 小惑星探査機 はやぶさ が今日13日夜 7年ぶりに帰ってきます。
インターネット中継をお楽しみに。

 http://www.media-i.com/Hayabusa/
または
 http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/live/index.html?uiaid=hybs&cid=hybs&waad=tRMHr2zh

JAXA http://www.jaxa.jp/

はやぶさについて
 http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/index.shtml

     (写真は 月刊誌”Newton”2010年7月号より)
この月刊誌は科学誌として素晴らしい内容です。そのことはいずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)