« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月21日 (水)

大丈夫か民主主義

 愛知県の日進市で福島の花火を打ち上げようとしたが、放射能を心配する市民から約20件のメールや電話があり、打ち上げを中止したそうだ。
 結果的に市長が福島に行って謝罪したとか。京都の大文字でも似たようなことがあったが、今回も主催者側の「意思」が感じられない。
 民主主義では少数者の声に耳を傾けることは大切だ。が、今回の処置はそのアリバイ作りをしただけではないか。時間がなくても調査・話し合いを行い、自分の意思を相手にしっかりと伝えて欲しかった。
 学校ではモンスターペアレンツを恐れる教員が自分の意思を言い切れず、相手の言いなりになる、という話をよく聞く。コアとなる先生には頑張っていただきたい。
 お上から授かった民主主義は危うい。民主主義はこういうところから壊され、壊れていくのではないだろうか。

(参考) 日進市の祭りで福島の花火拒否「放射性物質まき散らすのか」
 
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/09/20/kiji/K20110920001659610.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

NHK BSで「大冒険!はやぶさ 太陽系の起源を見た」

 NHK BS3 BSプレミアム 「大冒険!はやぶさ 太陽系の起源を見た」が放送されます。お楽しみに。90分放送、3回。  

9月20日(火)午後9時00分~10時30分
9月24日(土)午前0時00分~1時30分
9月26日(月)午前8時30分~10時00分

 http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html 
このシリーズ: 宇宙チャンネル http://www.nhk.or.jp/space/ はなかなか中身が濃いものを作っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

旧友の快気祝い

 昨日は昔の山の仲間小人数で久々に会食した。一人がケガをしてその快気祝いということで、まずはめでたいお酒だった。とても喜んでくれたのも望外の喜びだった。50年来という恐ろしく長い付き合いで、お互いの強さ弱さを知っている仲でなんとも気楽な良いひとときだった。
 場所は皆の交通の便を考えて東京駅丸の内北口から3分のところにある「ポールスター」というレストラン。三菱UFJ信託銀行本店の地下一階。創業50年くらいか。大学の大先輩で船乗りをしていた人がオカに上がって、その食への想いを生かしたらしい。とても落ち着いた大人の雰囲気の室内で、ウェートレスも落ち着いている。そういえば優雅な客船をおもわせる。気に入った。料金もリーズナブルなものであり、良心的だ。また行きたい。
 写真を撮るのを忘れていたのはシッパイ。帰りは大船で下りたものの場所がわからずしばらくベンチで休憩。無事に帰った。早めにスタートして良かった。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

緑のカーテン(2)<ヘチマの生命力>

Dsc01777_1 工房の今(9月2日)です。屋根も含めてヘチマにおおわれてしまいました。
 トマトやキューリは季節を終えたので1週間ばかり前に抜いてしまいました。それで写真右側が少し空いています。屋根もびっしり埋まっています。省エネ効果は大きいと思います。
 ヘチマの繁殖力の大きさは群を抜いています。成長も速く、葉も大きく、栽培も手がかかりません。省エネには一番と思います。作品にも使えるので重宝しています。ただ繊細さや実を食べることを考えればゴーヤも良いと思います。

緑のカーテン(1)<ヘチマかゴーヤかキューリか>
  http://kohcraft.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/1-900b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

ドナルド・キーンさんの日本永住を大歓迎

 キーンさんは昨日1日、日本永住のため成田に到着しました。大震災がきっかけとはいえ89歳という高齢を押してのこと。衰えぬ情熱を思います。
 キーンさんは源氏物語を通じて日本を発見し、戦時中は情報将校として日本兵に接し、戦後は日本研究者として多くの業績を残されました。
 私が印象的なのは、戦後そして高度成長の時代に日本人が自国の文化を軽んじていた時に、旧敵国の人間が日本文化を深く愛し研究し、その素晴らしさを世界に発信していたことです。当時の日本人は古いものは全て悪いもの、近代合理主義に合わないものはすべて捨て去るべしとして、大きなうねりのような流れがありました。会社員として20代・30代の私としては世間・会社の流れに押され、流されておりました。ただ何か不安、自分の中の日本人が失われることへの漠然とした不安と疑問がありました。そんな時代にキーンさんの日本への深いメッセージは私にヒカリと勇気を与えていただきました。
 当時の若者はいまやお父さんからお爺ちゃんに。国籍不明人が巷に溢れています。テロや飢餓が世界に溢れる今、日本文化の良さを世界に広めるときでしょう。例えば多神教的寛容のこころと矜持。世界からの熱い期待も感じます。キーンさんはこういう自信のもてない時代に静かに勇気を与えてくださることと思います。
 キーンさんはこれから日本国籍をとるための準備をはじめるそうです。健康には十分留意して良い日々がおくられるよう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »