« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月12日 (木)

おみやげ ありがとう

Dsc00906_2 連休で帰省したAさんとKさんのおみやげをいただく。
 Kさんは山形に帰省してまだ雪の残る山に入り、山菜をとってきてくださった。ウド・コゴミ・カクバ・モミジガサ・フキノトウ・ノビル・タケノコなど・・・。自ら天ぷらにして振舞っていただく。
Dsc00910_1
 Aさんは木曾五銘酒の一つ、奈良井宿の「杉の森」。重い一升瓶を現地から運んできてくださった。辛口の逸品!なかなか品があって、あとをひく。ただ横浜では手に入りにくそうだが、・・・。  
Dsc00911 









 食卓は山の幸で最高の膳となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

尖石縄文考古館のもてなし

Dsc00855_2

 内覧会に来られたお客様から聞いた八ヶ岳が美しく見える場所のこと。その方は、縄文の湯の先にあるという。
 まっすぐ帰るつもりだったが、思い直して探しにいった。それが今日(4月28日)の展開になった。

 そして近くの尖石縄文考古館を訪ねた。建物は雑木林の中に沈み込むようなシンプルでモダンな建物。あの「縄文のビーナス」の本物に出会った。感激。

 帰りがけに受付の方に八ヶ岳が良く見える場所を尋ねた。地図など用いて丁寧に説明して下さった。それもそのはず彼女は写真を撮っているとのこと。撮るヒトの気持ちで語ってくれて嬉しかった。彼女の八ヶ岳のパノラマ写真をミュージアムショップで見せてもらった。もちろん購入。もてなしの心を感じながら、雑木林の風景を愛でながら、併設の喫茶でゆっくりお茶を飲んだ。お奨め。
 http://www.city.chino.lg.jp/ctg/07050020/07050020.html 
Dsc00846

 撮影のお奨めの場所はエコーラインの尖石考古館西交差点の南北1-2kmのところ等に点在しているよう。雲が多かったが、その雰囲気はよくわかった。良い一日だった。またの楽しみとしたい。

 (写真は山から少し離れた別の場所(玉川?)で撮った八ヶ岳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »