« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

ちの動物病院<ホームページ・ブログの紹介です>

Dsc00305

  ちの動物病院のホームページのホームページとブログの紹介です。
 自分たちの結婚式と病院開院の準備のため、空前の忙しさの中で奮闘しています。駆け込みのためデザインなどまだ不十分ですが、まあカンベンしてやってください。
 かれらの若さとやる気をみてやっていただければ嬉しいです。

 http://www.chino-ah.com/

 http://ameblo.jp/sante-ikura/ 

(写真は白銀の八ヶ岳。3月23日、御柱街道の通る茅野市玉川から。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

地震<卒業生へおくる校長先生のメッセージ>

 畏友 I さんから「感動しました」とメールがあり、二つのメッセージを紹介されました。
卒業式を中止した立教新座中学校三年生諸君へ」 
  http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8589/  と
「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」
  http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/ です。
つくったのは立教新座中学・高等学校の校長である渡辺憲司先生です。

(中3生へ)
>歴史は、おそらく2011年3月11日を境に、平成大震災前、平成大震災後と呼ぶでしょう。諸君は、この震災の直下に、社会的存在として旅立ちの時を迎えたのです。
>私たちが築いてきた価値観も大きく揺らいでいます。歴史は、進歩という名の下で、大きな過ちをおかしているのかもしれません。流れを変えるのは君たちです。未来は君たちの双肩にあります。

(高3生へ)
>誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
 大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。
>時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。
>いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
>真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。
>今この時こそ親子の絆とは何か。命とは何かを直視して問うべきなのだ。
>被災地にあって、命そのものに対峙して、生きることに懸命の力を振り絞る友人たちのために、声を上げよう。
>巣立ちゆく立教の若き健児よ。日本復興の先兵となれ。

                      = = =

 渡辺憲司先生の熱い心を感じます。深い愛です。言霊です。教育の根本がにじみ出ています。
 このような先生の傍にいる中学生や高校生はなんと幸せなことでしょうか。それぞれの立場できっと「日本復興の先兵」となるに違いありません。

 無礼を恥じつつ、恐れつつ、一部ですが抜粋させていただきました。読者の皆様にはぜひとも全文を読んでいただきたいと思います。またお友達に知らせてあげていただければ幸です。
 知らせて下さったIさんと、文を見つけて薦められたIさんの奥様、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

天皇陛下の励ましのおことば

感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震<参考情報>

【ハマっち!防災情報】災害関連情報共有コミュニティー
  http://sns.hamatch.jp/community/?bbs_id=693

世界中からの応援メッセージ
  http://prayforjapan.jp/
  http://prayforjapan.jp/message/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

地震

たいへんなことになりました。

・ 原発::  広報者の「想定外」という言葉が気になります。原発のデザインは想定外を想定していたのではなかったのか?バッテリー切れとか、電気がこないとか・・・。言葉も専門的過ぎてむつかしい。

・ 津波:  逃げのびた人、出会いの喜び。

・ 知恵:  「被災したら+支援したい」のまとめ http://sns.hamatch.jp/blog/blog.php?key=36355 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

何の花でしょうか?

Dsc00170  何の花でしょうか?
答えはキャベツの花です。
収穫した野菜のなか。遠目に菜花と思っていたらそうでなくてキャベツの花でした。収穫が遅くなって花が咲いてしまったもの。
 とてもきれいなのでスタッフのHさんがバケツとザルで体裁よく飾ってくれました。  [写真をクリックすると拡大します]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

よく冷えた朝

Dsc00093 今朝3月3日は冷えました。1℃とか。畑は一面の霜柱。手を後ろに組んで、せっせと麦踏みに励みました。寒さを忘れて、霜柱の景色にみとれておりました。

Dsc00107

Dsc00090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

雛飾りの季節

Dsc00043 舞岡公園の奥にある古民家を久々に訪ねたところ雛飾りがしてありました。もう3月。日本の家の雰囲気に馴染んでおりました。

Dsc00048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

ステンドグラス作家 平山健雄さんの講演と懇親会

Dsc00073 舞岡ふるさと村 第8回梅まつり花まつりアート展を飾るステンドグラス作家の平山健雄さん。平山さんの講演と懇親会が27日夜おこなわれました。

Dsc00085 ステンドグラスの歴史、ヨーロッパ・アメリカの作品と解説に聞き入りました。第2部は一品持ち寄りで、美味しいお酒を堪能しました。
 次回は最終日の13日。日本・横浜のお話しです。
  http://www1.c3-net.ne.jp/nekofarm/umematuri1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »