« ルリビタキか | トップページ | ちの動物病院 »

2011年2月11日 (金)

韓流ドラマがうけるわけ

 韓流ドラマがうけるのは閑な主婦の時間つぶしくらいに思っていた。だがどうもそう単純でないらしい。
 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版の記事の文章の明確さだ。とくに政治・外交・経済面について、文章だけでなく表・グラフなども駆使してとてもわかりやすい。また記事も新しい。皮膚感覚でいえば、ニュースや観測は日本の新聞より数日早いように思う。対中国の表現も率直で明快である。その点、日本の新聞はほとんどが奥歯にものが挟まったような表現で、もどかしい。
 記事の一例をあげれば、 「「力の外交はまだ早い」 中国に自省論議」 http://www.chosunonline.com/news/20110211000032
(注: 朝鮮日報は記事が出されてから一週間くらいしか、見られない。その後は手続きが必要)

 韓国の電気メーカーなど、すばやい経営判断が評価されているが、日本は全分野にわたって要注意。彼の国の良いところはすすんで学びたい。

|

« ルリビタキか | トップページ | ちの動物病院 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513760/50831789

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流ドラマがうけるわけ:

« ルリビタキか | トップページ | ちの動物病院 »