« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

衛星から地球を見る

 ロケットの打ち上げや、衛星とのドッキングなどをリアルに見ることが出来る放送曲があります。”Rocket-TV”という放送局で、JAXA宇宙研究開発機構からの画像を使っているようです。
  http://www.digital-studio.co.jp/rocket-tv001.html 

大きな画面にして、浮世を忘れ、大きな夢を。
良い年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういう人がいた、ということ

 戦後60年あまり。食うことに困らない、まして戦争があったことさえ知らない人たちがふえてきました。そしてこの平和はあたかも誰かが守ってくれるかのような勘違いをしているヒトが少なくないようです。こんな平和ボケをしている国は世界で唯一でしょう。いまの経済危機はもとより、危機が襲った時の、一般の国民から政治家までのうろたえるさまを思うと恐ろしいことです。

 戦後、東京裁判で多くの軍人が、戦勝国であるアメリカにへつらうような態度を示したなか、米軍の戦略爆撃の不当性と日本の正当性を堂々と主張した軍人がいました。その名は岡田 資(タスク)陸軍中将。その凛とした姿勢に、アメリカの弁護士はもとより、検事、裁判官まで、敬服しました。戦略爆撃は戦争犯罪だと認めさせました。しかし、中将は逍遥として絞首刑をうけいれ、部下の多くを死から免れさせることに成功しました。また多くの捕らえられた人々から尊敬されたそうです。この話しはなぜか、あまり公知されていません。
 戦略爆撃の判断についてはマッカーサー元帥によって、拒否されましたが、死を賭して堂々と主張した生き方は映画「明日への遺言」等で詳しく知ることができます。

 今、日本が低迷し、瀬戸際のたっているのも、技術的な問題だけでなく、むしろ素朴な強い精神性が退化したからと言っても過言ではないはずです。 
 岡田 資中将のように、何らかの理由により、また不作為によって、後世のヒトへの立派なメッセージが埋もれていることが少なくないように感じています。探して行きたいと思います。 

   (写真は 岡田 資 中将 http://imperialarmy.hp.infoseek.co.jp/general/colonel/okada.html より) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

舞岡八幡宮の暮れの大掃除

Cimg9449_1  舞岡八幡宮は町内の鎮守様。初参りにそなえての大掃除です。氏子が約20人くらい集まって、屋根や境内・階段の落ち葉やちりを掃き清め、しめ縄を替えてさっぱりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

石うす(その2)

Cimg9445_1  日が傾いて、後ろの山での畑仕事を終えて下りてくると陶芸工房でKeさんが石うすを回していた。ただ彼はうかない表情。 先日、石うすを使っての試しで土がずいぶん細かくなったのは良いのだが、細かい土が出るのははじめだけで、直ぐに詰まってしまうとのこと。
 集まってきた周りの人間は、ああだこうだと語るばかり。Moさんの説: 臼の回転面の角度や溝の幅深さが関係している、というのがもっともらしい。臼は普通、豆を粉にするためにつくられているし、油を含んでいるからと。
 そうこうしているうちに誰か(Kaさん?)が回転のスピードを均等でなく、勢いをつけたり力を抜いたりすると詰まらないことを発見した。自分でためして見たが調子が良い。現状ではこれがベストだが、大量に処理するときは辛い。かねこふぁ~むで見つけた土は良質らしいが、難産だ。
 この後も、モーターとか、太陽光発電とか、水車とか、勝手気ままに話した。動力など結論はまだでていない。古御堂焼の新しい器ができるまでに、ドラマができそうな気配だ。
           (2009.12.26 かねこふぁ~むで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

霜柱

Cimg9425_1 舞岡は年間を通じて都心より2-3度低い感じだ。夏はエアコンが無くても不自由しない。しかし冬は寒い。舞岡の中でも奥の方がもっと寒いらしい。
 20日の朝、今年初めて霜柱に気がついた。工房の前に2センチくらい。見ると、やたらに踏みたくなる。子供の頃から少しも変わっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お隣の明治学院大学を散歩して

Cimg9392_1 舞岡公園に隣接する明治学院大学を久々に見学・散歩した。ここで橋の上から富士山を遠望した(写真12月18日)。頂上の雲のようすから、大荒れの様子が伺える。この1-2日まえに片山右京氏のグループが遭難したわけだ。

 大学の構内を歩くのはエネルギーをもらうような爽快感があって心地よい。明治学院大学はキリスト系の清潔感があってさらに良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

石うすの使い方

Cimg9413_1 かねこふぁ~むの庭先でKeさんが重い臼と格闘していた。臼を回そうと渾身の力を加えても重くてなかなか回らない。結局軽い方の臼をKさんが持ち出してきて、回した。
 わかったことは、
1) 臼の上下の接触面と溝に十分な量の粉が入っていないと接触抵抗が多くて回らない。
2) ミゾの深さはかなり深いので、少量を粉にするときはできるだけ小さい臼で作業した方が効率が良い。
3) 臼にも右回り用と、左回り用とあった。

 臼で挽くのは、屋敷内で採取した陶芸用の土を細かく精製するために使用するとのこと。今回は細かい良い土がとれたようで、うまくいったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

街の紅葉

Cimg9329_1  紅葉は本当に美しい。少し遅くなったけれど、載せてしまいました。通る人がそれぞれ、美しさに感嘆の声をあげて通りすぎておりました。

   (2009.12.2 野庭中央公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

失敗を生かすために

今晩のテレビ NHK 総合/デジタル総合 12月 7日(月)午後10:00~午後11:15(75分)で
日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~
  http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-07&ch=21&eid=23171
が放送されます。時間が無いですが、ひとりでも多くの人が見られますように。
作家の半藤 一利,  澤地 久枝,  戸高 一成氏が語ります。
熱ものに懲りてナマスを吹く、ということにならないために。
自分の目で見て、生の話から判断したい。

ブログ(今年9月9日付)をご参考までに
日本海軍 400時間の証言 第一回 開戦 海軍あって国家なし
  http://kohcraft.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/400-e768.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

個展が1週間延長されました ”かねこふぁ~む 喫茶あとりえ”

”かねこふぁ~む 喫茶あとりえ”の11月の展示は、私のあかりです。予定では12月1日で終了でしたが、1週間延長されました。6日(日)までです。お出かけください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

初冬の舞岡

Cimg9185_1  いよいよ師走、今年もあと一ヶ月。
なんとなく気忙しい気分ですが、自然はゆったり流れています。

 今日12月1日、舞岡八幡宮では、10時から七五三、午後2時から新嘗祭(今の勤労感謝の日)が行われました。世間のカレンダーとはだいぶ違いますが、大家のAさんの話では昔からこの日にまとめて行われていて、農家は11月が忙しいからこうなったのだろうとのことです。
      (写真は11月18日 舞岡公園で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »