« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

国民のレベル

 政治家が小粒になったとよく言われる。確かに昭和の時代には、いろいろな批判はあっても視野の広さと学識、思想、度胸の良い政治家を挙げるのはいとまがない。
 思えば政治家のレベルは国民のレベル、と言われるがその通りだと思う。政治の悪さを政治家のせいにして得々としているのは止めよう。まず小さくても何ができるか。

 今日は総選挙。よく見れば、優れた政治家も確かにいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

ねこの「ペタちゃん」とアライグマ

Cimg8320a_1 工房の外を固めている猫のなかにペタちゃんがいる。だいぶ大柄でごろごろしている。普段は静かにしているが最近大活躍をした。
 工房には月に数回アライグマがきて、餌場周りやミョウガの畑を荒らし、金魚を10匹も食い、猫たちも戦々恐々としていた。今年も現れていて、困っていた。
 ところが夜遅く外の気配が異常で、アライグマとペタがなんと睨み合っていて、ペタが唸り声をあげ、追い出したそうだ。このこと以来もう3週間、アライグマが現れた様子は無い。
 片目のハンデを越えて、気は優しくて力持ち。工房の意外な用心棒。なにかとても嬉しい。
                (2009.7.30 ねこのペタちゃん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

緊急地震放送

Cimg8338_1  今朝11日朝5時7分、緊急地震放送で目が覚めた。本番で、試験放送でない。チャイムの「チャララン、チャララン、チャラララ ラ~ン」の放送だ。トイレでNHK-FMのラジオを聞きながら、ゆっくり新聞を読んでいたのだが、アナウンサーのメッセージとともに身構えた。
 「地震!」と大声を発す。同時にいそいで身支度をして、再びドアに手をかけた。その間数秒、10秒くらいだろうか。手をかけたころゆっくり揺れ始めた。キタナ!という感じ。そのころ家族が皆起きてきて、落ち着いてガスの火を消すことができた。
 突然のゆれでなくて、わずか数秒、心の準備、次の一歩の余裕ができた。なかなか良い仕組みだと思った。
                      (写真は2009.8.4 工房入り口で)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »