« 2008.6.20-22 リトルマルシェ/赤レンガ倉庫 | トップページ | 2008.7.6 梅雨の晴れ間に  »

2008年7月 4日 (金)

2008.6.27 諫早干拓の判決

Cimg3620  諫早干拓事業に対して佐賀地裁から常時開門を命じる判決が出た。まずはめでたい。

 2533億円もの事業費が投入された後、二枚貝のタイラギが激減、ノリの色落、諫早市沖での養殖アサリが全滅したとか。

 彼らはこの事業継続に対しては昔からさまざまな理由が役所などから出してきたが合理的な理由が見つからない。こんなことを続けていて、堂々とお天道様に顔向けができるのか、よく考えてほしい。そして孫子のたいしても。

|

« 2008.6.20-22 リトルマルシェ/赤レンガ倉庫 | トップページ | 2008.7.6 梅雨の晴れ間に  »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008.6.27 諫早干拓の判決:

« 2008.6.20-22 リトルマルシェ/赤レンガ倉庫 | トップページ | 2008.7.6 梅雨の晴れ間に  »